immm!

140字以上のぐだぐだ

恋に至る病

「大事なものができたとき

これがあれば大丈夫って思う人?

これがなきゃダメだって思う人?」

私どっちだろう・・・。

今日は久しぶりに桜坂!

一昨日知って←

上映明日までということで

「恋に至る病」みてきた!

携帯からの映画のあらすじを見る限りの感想は

変態そう・・・笑

予告編をみようとパソコンを見ると

キャッチフレーズは

「先生の種子をわたしにください」

なんてことだ笑。

病的にポップでキュートで切ないそうな…

ん~?と思いながら予告編をみる。

主題歌にやられました笑。

あとこのマドカ先生のコミュ障と

ツブラちゃんの笑顔!

この曲フルで聴いてみたいという好奇心

映画の中身については

「ついていけるかな…」という一抹の不安を胸に

(ちなみに妹には「ホントに変そうだね苦笑」)

見てきたわけです。

感想はですね、

とりあえず

エンちゃんにMVP・・・・・!!!!!涙

主人公の友達に泣かされました。

はあー思い出しても切なくなるっ

予告編の印象よりだいぶ見やすくて

すごく、なんていうんでしょう、正統派?

全然やらしいのはなく

あくまでも「ポップ」の言葉がよく似合う

女性監督さんだからなのかな、なんて偏見ですね←

ツブラとマドカがどちらも両極端だから

その演技には圧倒されるけど

うん。すごい。

「誰もいらない先生と、

 誰かが欲しいあたしが混じったら

 きっと丁度いい」

すごい発想だ・・・

でもツブラの「誰にも忘れられたくない」って気持ちは

なんかわかるんだよなーーー

だからって防腐剤いりのものばかり食べて

死ぬまでに腐らない体にする発想はないけど!笑

どのシーンも見逃せません…

もう本当に上手、

セリフひとつひとつまで

作品の一部で(そりゃそうなんですけどね)

ひとつひとつちゃんとききたい。

いろいろ恋愛とかその先の行為について

考えさせられる~~~

この記事の冒頭のも

セリフのいっこ。

見終わってから

なんとなく消化しきれない気持ちもあったんだけど

(というかこういう解釈でいいのかな?的な!)

パンフレットを立ち読みして整理整頓。

むしろパンフレット購入←

パンフレット買うの

アンドロメダ以来です(なつ!!!)

パンフレットには登場人物4人の

プロローグになってるマンガ(4編)のってて

余計にわかった気が、

もっかいじっくり見たい・・・!

すごく見たい。

いちお個人的にはすごくよかったけど

映画の途中でおじさまが一人帰られたので

やっぱ賛否両論なのだろうなと思います、

のでいつものようなおすすめはしないどく笑。

でてきた女優さん俳優さん

みなさんすきになっちゃったー

マック長居しないで雰囲気でてきたので

帰ろう笑。